大阪糖菓 野村しおり社長<4>金平糖はインスタ映えを意識、和から洋へ魅せ方を工夫

公開日: 更新日:

 フロイスしおりこと野村しおりさんは取材時も大きな縁取りの帽子が印象的なポルトガルの貴婦人風のコスプレで対応してくれた。

 金平糖はポルトガルが発祥の地で、日本に伝来した安土桃山時代から450年以上の歴史を持つ砂糖菓子。金平糖作りは決して容易ではない。直径180センチで重さ800キロもある専用の鉄釜を1分間に2回、ゆっくりと回転させながら芯になるグラニュー糖に蜜をかけ、かき混ぜる。1日1ミリ程度しか大きくならず、15ミリの粒になるためには約2週間もかかるのだ。

 金平糖の特徴である凹凸のある角(ツノ)をきれいにつくるためには、鉄釜の温度や傾斜角度、蜜の量を調整し続ける必要があり、製造には熟練の技を要す。

 コロナ禍で観光需要が落ち込み、製造量の減産を余儀なくされる中、週3日勤務では「製造の感覚や体調管理が逆に難しくなった」と、しおりさんは話す。今は勤務日数は減らさず、暑さ対策と密回避のため、時短を取り入れている。

 それでもお菓子の多様化に加え、技術承継や後継者問題、またコスト高による経営圧迫などで、最盛期の50年前に大阪だけで40社近くあった金平糖関連業者も、今や全国で9社にまで落ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声