陸の孤島「晴海フラッグ」五輪効果で販売好調? 転売ヤーの皮算用は吉か凶か

公開日: 更新日:

 大型集合住宅「晴海フラッグ」(東京都中央区)の3回目の販売が好調だという。11月に販売された631戸に対して、5546組の申し込みがあり、平均8.8倍と高倍率に。眺望のいい最上階の住戸は111倍という激戦ぶり。しかし、当初は販売苦戦が予想されていた。

 坪単価300万円台は周辺エリアと比べて格安だが、最寄りの都営地下鉄大江戸線・勝どき駅まで徒歩20分前後という陸の孤島ぶり。人工島に建設される全23棟・総戸数5632のうち、4145戸という膨大な分譲戸数などがマイナス要因として挙げられていた。

 さらに、東京五輪・パラリンピック選手村として使用されたが、1年の開催延期によって引き渡しが24年3月下旬にずれ込み、それを突然告知された購入者側による売り主への民事調停の申し立てなども起こった。

「埋め立て地なので首都圏直下地震が不安視されていますが、五輪開催によって眺望の良さなどが選手のインスタグラムなどを通じて知れ渡ったのもプラスでした。しかし、ファミリーやディンクスらの実需だけで、この戸数を賄うのは難しい」(不動産業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」