トリゼンHD 河津善博社長<1>九州産銘柄鶏「華味鳥」のおいしさを40年以上にわたり追求

公開日: 更新日:

 鍋のおいしい季節になった。日本4大鶏鍋の1つに数えられる水炊きを楽しみに、「水たき料亭 博多華味鳥」には多くの客が訪れる。人気の理由は飼育から調理まで一貫して提供する九州産銘柄鶏「華味鳥」の味と品質。この垂直統合型の仕組みを確立したのがトリゼンホールディングスの代表取締役社長・河津善博氏だ。

「失敗ばかりでしたよ」と過去を振り返る河津氏が生まれたのは、1954(昭和29)年。福岡市博多区の吉塚市場に父親の善陽氏がかしわ屋(鶏肉専門店)を開業して5年後のことだ。

「親父は私の憧れでした。胴元のように腹巻きにお金をたくさん入れて300羽、400羽もの鶏を仕入れ、店でさばいてバーンと売る。それがかっこよくてね。小学生の頃から店の手伝いをしながら親父のようになりたいと思っていました」

 高校は福岡有数の進学校である西南学院高校に入学。生徒会長を務めるなど有意義な学生生活を送ったが、大学には進学しなかった。善陽氏の後を継ぐためにすぐにでも働きたかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗