【表あり】株価爆上げ相場の“主役” 海外投資家がこれから狙ってくる77社を一挙公開!

公開日: 更新日:

 株式市場は怯えと期待が入り交じる。「そろそろドカンと下がるのでは……」「いや、一気に史上最高値を取りに行く!」。日経平均は約34年ぶりに3万8000円に到達。年初からの上げ幅は4600円を超すだけに過熱感は否めない。一方では悪材料が見当たらないとの強気派もいる。さて、どうしたらいいのか……。

  ◇  ◇  ◇

 いまの爆上げ相場を牽引しているのは主に海外投資家だ。1月の「投資部門別売買動向」(東証)によれば、海外投資家は2兆円を超す買い越しだった。月間では過去7番目(記録のある1982年以降)の大きさになる。

「新NISAに投資する初心者も参入し、株式市場は一段と盛り上がりを見せています。現在の勢いを見る限り、史上最高値更新は時間の問題で、4万円も通過点に過ぎないかもしれません」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 ただし、市場には魔物が潜む。何が起きるか分かったもんじゃない。リーマン・ショックのような金融危機、大規模な自然災害、地政学リスクの高い偶発的な軍事衝突などで株価は大暴落する。

「予想のつく危機としては中国ショックでしょう。不動産バブルがはじけ、株価は暴落。日本への影響も大きく、中国依存度の高い企業は業績悪化の懸念から株価は下落傾向です。中国からの訪日客の激減もあり得ます。ただ、中国ショックが広がったとしても日経平均が3万円を割り込むようなことは起きないと思っています。下がっても3万2000円ぐらいでしょう」(清水秀和氏)

 不安は残るものの、株価4万円を目指すのだとしたら、上昇相場に乗らないともったいない。そこでヒントになりそうなのが海外投資家の動向だ。市場では、日経平均に採用されている大型株をバンバン買っていると囁かれる。だとしても、日経平均採用銘柄は225社もある。

「証券会社は有望な銘柄をピックアップし、『買い』や『売り』の推奨をしています。こうした情報を投資家は参考にします。株投資は人気投票のようなもので、買い手が多く集まると株価は上がります。市場参加者が増えているので、証券会社発の情報に乗っかる方法もあるでしょう」(証券アナリスト)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮