長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

公開日: 更新日:

「海外に来たわけじゃないよな」──。スキーシーズン真っ盛りの長野県白馬村を訪れた日刊ゲンダイ記者は、そう呟かずにはいられなかった。

 東京から北陸新幹線で1時間半。JR長野駅に着く。県内各地へと散っていく外国人観光客のために、駅構内には英語や中国語表記の案内板が各所に置かれていた。志賀高原に向かうというインド人の旅行者4人に声をかけられ、高速バス乗り場へと連れ立った。

 2月半ばの3連休初日とあって、バス乗り場は大混雑。駅から白馬まで往復しているバスの車内は乗客50人がギッシリで、補助席も最後尾から先頭まで埋まっていた。

 白馬駅まではバスで約1時間の道のり。日本人観光客もチラホラいたが、聞こえてくる会話は主に英語だ。

 この時期は「夏休み」に入ったオーストラリアやニュージーランドから、白馬の「ジャパウ」(ジャパン+パウダースノー)を目当てにやってくるそうだ。

 白馬はバブル期に国内旅行者向けのペンションなど宿泊業で盛り上がったが、スキー客の減少と共に衰退。1998年の長野五輪で競技会場に採用されたことをキッカケに2005年頃からオーストラリアで誘致活動に力を入れ始めた。今ではオーストラリアからの観光客が半数超を占める。

 八方尾根スキー場のリフト乗り場に隣接するコーヒーショップ店員に話を聞くと、「ゲレンデを利用する人は平日は9割が海外からの観光客。土日祝日は国内旅行者と半々ぐらいですね」という。雪のシーズンは「めっちゃ儲かる」のだとか。

 ゲレンデ利用者の着替えや休憩所に併設されているショップ店員は「コロナ禍が明けて、今年は『雪が少ないけど、インバウンドがめっちゃ多い』って感じです」と喜ぶ一方、「出勤したら待合所が大麻くさいとか、いろんな事件がありますよ」と苦笑交じりに語った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮