岸田首相タジタジ…政治資金規正法改正で自民提案なし「同じ国会議員として恥ずかしい」公明議員が激オコ追及

公開日: 更新日:

 「反省しているのか。自覚があるのか。同じ国会議員として恥ずかしい」

 22日午前の衆院予算委員会で、自民党派閥の政治資金パーティーを巡る裏金事件をついて、「与党議員」が岸田文雄首相(66)を厳しく追及する場面があった。

 質問したのは公明党の赤羽一嘉議員(65)。自民、公明両党は先週19日の衆院政治改革特別委員会の理事懇談会で、26日に政治資金規正法改正などを議論する特別委を初開催する日程で合意。今国会の焦点でもある規正法改正に向けた議論を本格化させるが、“当事者”である自民はいまだに具体案を示していない。

 このため、赤羽氏は「先頭に立って取り組む」とした岸田首相の言葉を振り返りながら、「いつ(具体案を)提案するのか明言してほしい」と声を張り上げ、「総理自身が政治家としての政治生命をかけて…」などと迫ったのだ。

■与党議員が冷ややかな視線を送り、野党席からは「そうだ」などと声が飛ぶ

 高校時代はラグビー部に所属し、全日本選抜にも選ばれたという強面の赤羽氏。語気を強め、岸田首相を鋭い眼光で見つめる姿に対し、与党議員が冷ややかな視線を送り、野党席からは「そうだ」などと声が飛ぶ異様な状況に。SNS上では《公明が激オコ》《同じ穴の狢のデキレースか。それともマジ切れしているか》《ついに岸田自民に公明が反旗を翻すか》といった投稿が広がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!