サンミュージック 岡博之社長(1)創業当初からの生え抜きが芸能プロのトップに

公開日: 更新日:

 現役芸人にして、昨年11月に所属する大手プロダクション、サンミュージックの社長に就任した岡博之さん(65)。タレントが社長になるケースはあるが、創業当初からの生え抜きが芸能プロ経営のトップに上り詰めるのは稀有な出来事だ。

 これまでブッチャーブラザーズのリッキーとして活動してきたが、その経歴は異色だ。東映の役者志望からスターの付き人、芸人、タレント育成プロデューサー、そして社長に。

 京都府出身。高卒後の進路は大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校)の映画学科だった。そこで作り手の勉強を志したが、すぐに役者の道へ進む。

「映画製作では役者を雇うお金もないから自分で演じていたら、仲のいい先輩から『出るほうも勉強してみたら?』と言われたんです。バイトしていたスタジオの友だちには『専門学校で勉強ばかりしているより、京都には太秦があるんだから』と言われて」

 通称「太秦」の東映京都撮影所で役者の勉強を始めると、コンビの相方となる山部薫さん(以下、ぶっちゃあ)と出会う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質