「安定」より「実力」 2016年卒の狙い目はブラック企業

公開日:  更新日:

 2016年卒の就活スケジュールは、3カ月後ろ倒しになった。例年12月スタートの大学3年生の就職活動は、来年の3月スタート、選考開始は8月になる。だが、すでに“青田買い”は加速し、息子や娘が悠長に構えていたら“就職難民”になる恐れがある。

 2016年卒の就活は、優秀な学生の企業選びに異変が起きているという。

「大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社」の著者・オバタカズユキ氏がこう言う。
「東大、早慶など高学歴で活発なタイプの学生の意識が変化しはじめています。『待遇がいいか』『知名度があるか』という基準ではなく、『若いうちから力をつけられるか』で就職先を選ぶケースが増えている。安定企業に意味を感じない。起業志向が強いわけではなく、会社が潰れても対応できる能力をつけたいと考えている。大手企業の内定を蹴って、数人規模の会社を選ぶ例もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る