「安定」より「実力」 2016年卒の狙い目はブラック企業

公開日: 更新日:

 2016年卒の就活スケジュールは、3カ月後ろ倒しになった。例年12月スタートの大学3年生の就職活動は、来年の3月スタート、選考開始は8月になる。だが、すでに“青田買い”は加速し、息子や娘が悠長に構えていたら“就職難民”になる恐れがある。

 2016年卒の就活は、優秀な学生の企業選びに異変が起きているという。

「大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社」の著者・オバタカズユキ氏がこう言う。
「東大、早慶など高学歴で活発なタイプの学生の意識が変化しはじめています。『待遇がいいか』『知名度があるか』という基準ではなく、『若いうちから力をつけられるか』で就職先を選ぶケースが増えている。安定企業に意味を感じない。起業志向が強いわけではなく、会社が潰れても対応できる能力をつけたいと考えている。大手企業の内定を蹴って、数人規模の会社を選ぶ例もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る