人質救出失敗 安倍政権がバラまいた“情報収集”の代価

公開日: 更新日:

「情報収集と分析に全力を挙げる」だけで、人質2人をむざむざと殺害されてしまった安倍政権。その“情報収集”にも税金は使われている。

 04年4月に起きたイラク日本人人質事件では、拘束された5人の救出に関連して支出した外務省の経費は、総額で約1815万円。これは職員の航空運賃、宿泊費など直接かかった経費で、人件費は含まれない。この事件では、人質の拘束から解放まで10日あまり。単純に1日約170万円かかった計算になる。

安倍首相は先日の国会答弁で、後藤さん拘束後の11月から現地にも対策本部を立ち上げたと話していた。2カ月以上となると、1億円は超える。もっともこれは表に出せる金額です。実際には現地の仲介役などに水面下でジャブジャブ謝礼を支払っているので、2倍、3倍ではきかないでしょう。そもそも安倍政権は今回の事件で、官房機密費からも10億円用意していたと囁かれています」(官邸事情通)

 国民の命、安全を守るのは政府の責任で、お金だってかかる。当然だろうが、安倍政権は、ヨルダン頼みで右往左往しただけで億単位だ。

「情報収集でお金をバラまいたせいで、中東では改めて『日本人はお金になる』というイメージが広がった。標的にされる危険性がさらに高まったともいえます」(外務省関係者)

 何か解せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!