トップはSB孫正義社長の92億円! 配当金「億万長者」リスト

公開日:  更新日:

 増配ラッシュが続いている。セイコーエプソンやNTTドコモ、富士フイルム、三菱UFJフィナンシャル・グループ……上場企業の約3割が増配に踏み切った。

「輸出企業を中心に業績は上向いています。数年前までは利益のほとんどを内部留保に回し、イザというときに備える会社が多かったが、最近はROE(株主資本利益率)重視の経営が求められています。ROEを高める方法のひとつは増配です。株価アップに貢献するし、何より株主は大歓迎でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 骨肉の争いを繰り広げた大塚家具は父娘ともに“味方”を増やすため増配を打ち出した。株主総会では娘(社長)が勝利し、配当金は従来より40円増の年80円となる。

「父親(前会長)は敗北したとはいえ、大塚家具の大株主なので受け取る配当金は大幅にアップするはずです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る