トップはSB孫正義社長の92億円! 配当金「億万長者」リスト

公開日:  更新日:

 増配ラッシュが続いている。セイコーエプソンやNTTドコモ、富士フイルム、三菱UFJフィナンシャル・グループ……上場企業の約3割が増配に踏み切った。

「輸出企業を中心に業績は上向いています。数年前までは利益のほとんどを内部留保に回し、イザというときに備える会社が多かったが、最近はROE(株主資本利益率)重視の経営が求められています。ROEを高める方法のひとつは増配です。株価アップに貢献するし、何より株主は大歓迎でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 骨肉の争いを繰り広げた大塚家具は父娘ともに“味方”を増やすため増配を打ち出した。株主総会では娘(社長)が勝利し、配当金は従来より40円増の年80円となる。

「父親(前会長)は敗北したとはいえ、大塚家具の大株主なので受け取る配当金は大幅にアップするはずです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る