• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

慰安婦問題で歴史学16団体が声明「過ち繰り返さない姿勢を」

 従軍慰安婦問題をめぐり、日本の歴史学者が声を上げ始めた。
 歴史研究専門家らの国内16団体が25日、都内で会見し、「いま求められているのは歴史研究や教育を通して問題を記憶にとどめ、過ちを繰り返さない姿勢だ」との声明を発表。一部政治家やメディアの姿勢に懸念を示した。

 声明に名を連ねたのは80年以上の歴史があり、大学の研究者ら2200人が加盟する歴史学研究会や、日本史の学術団体としては最大の日本史研究会、教員らの歴史教育者協議会など。個人会員は数千人以上にのぼるという。

 慰安婦問題の背景には、植民地支配や差別など不平等で不公正な構造が存在していたと指摘。歴史研究と教育を通じて慰安婦問題を記憶にとどめるよう求めた。歴史学研究会の委員長を務める信州大の久保亨教授は、「声明には数千人の歴史研究者の意思が反映されている。標準的な歴史学者の多数の意思だ。この声明を基に今後の議論が行われることを期待している」とクギを刺した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る