• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪市役所で「人事抗争」 橋下市長引退表明でまたも勃発

 大阪市の橋下徹市長が政界引退を表明したことで、右往左往しているのは大阪維新の会の議員だけではない。市役所の役人も気が気でない。というのも、市役所では市長が代わるたびに“粛清”が繰り返されてきた過去があるからだ。橋下市長が本当に引退するなら新市長の誕生まで約半年。市役所内の人事抗争は激化する一方だ。職員のひとりはこう話す。

「橋下市長になってしばらくは人事は落ち着くと思ったけど、また昔に戻るんやな。最近は同僚と飲みに行っても『あの副市長はもう無理や。次はあの局長が復権やな』などと人事の話ばっかやで」

■市役所内の派閥き完全に二分

 大阪市役所の人事抗争は歴史がある。橋下の前の平松邦夫市長はその前の関淳一市長が重用した幹部を一掃。そして橋下は平松系をパージし、関系を再び要職に戻した。つまり、関系と平松系の二派が人事をめぐり対立しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る