• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6人負傷の沖縄・米軍ヘリ墜落 「陸自隊員2人同乗」のナゼ

「すでにそこまで一体化していたのか」――そう思った人も多いだろう。12日午後、沖縄本島中部の沖合で米軍ヘリが貨物輸送艦への着艦に失敗した墜落事故。負傷した乗組員7人のうち、2人は自衛隊員だった。

 2人は陸自の「中央即応集団」(CRF)の40歳と33歳の隊員で、ともに2等陸曹。CRFは、テロなどの脅威や国際平和協力活動に素早く対応できるように、07年3月に組織された防衛相直轄の特殊部隊だ。隊員は皆、陸自の精鋭たちで、海外の“後方支援”に真っ先に派遣される。

 いわば「日本版デルタフォース」が、米陸軍所属の中型多目的ヘリ・UH60、通称「ブラックホーク」に同乗していたのだ。ブラックホークもまた、米軍の特殊掃討作戦にしばしば投入されてきた。すでに日米合同で、対テロ訓練を行っているのか、と思えてくる。

 防衛省によると、CRFの隊員10人が今月1日から15日まで沖縄の米陸軍の活動内容を見学する部隊研修に参加し、負傷した2人も研修中だった。自衛隊の米軍研修は97年の日米ガイドラインの「平素からの協力」に基づくもので、今回と同様の部隊研修は09年度から毎年実施してきた。

 安保関連法案が成立し、今年4月に合意した新ガイドラインが実行されると、米軍ヘリの自衛隊艦船への着艦など、より公然とした日米共同訓練が可能になる。その分だけ国民が事故に巻き込まれる確率も高まるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る