• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラーメン「大勝軒」で“分裂”騒動 2代目vs離脱組双方の言い分

 山口組、維新の党に続き、今度は人気ラーメン店「大勝軒」で分裂騒ぎが起きている。

 大勝軒の創業者、山岸一雄氏(享年80)が亡くなった4カ月後の8月、約60人の弟子で構成されていた互助組織「大勝軒のれん会」から16人の弟子が脱会。「のれん会」に所属していなかった弟子仲間も加わり31人が新組織「大勝軒 味と心を守る会」を発足させた。この“クーデター”の背景には、弟子が100人超に膨れ上がったことがあるようだ。

「山岸さんは来るものは拒まずという人だったため、誰でも簡単に弟子になることができた。弟子は全国100人以上。100人もいれば、考え方もバラバラだし、“仲間意識”も薄くなる。内部対立が決定的になったのは07年に山岸さんが現役を引退した時です。本店の2代目になった飯野敏彦さんが、のれん会を設立し、主導権を握るようになった。独自の経営方法を取る飯野さんと原点回帰を主張する弟子たちの対立は徐々に深まっていきました」(大勝軒関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る