中国政府が国内消費奨励 日本から「爆買い」は消えるのか

公開日:  更新日:

 2015年の流行語大賞に選ばれた「爆買い」。中国人にもっと「爆買い」をしてもらうために、観光庁が小売店のバックアップに乗り出す。来年度から外国人の“買い物データ”を集め、売れ筋を小売店に伝えていくという。

 2015年の訪日旅行者の消費額は3兆円を超す勢い。なかでも中国人の買い方は凄まじく、観光庁によると、1人当たり旅行支出は28万5000円と、他国の17万7000円を10万円も上回る。炊飯器や化粧品、サプリメントなどを求めて店に大挙して押し寄せる姿は日常化している。

 しかし、日本政府の期待通り、2016年も「爆買い」がつづくのか、不安視されている。中国政府が“国内消費”を奨励しはじめているからだ。2016年1月からは、中国人が日本国内での買い物によく利用する「銀聯カード」による外貨引き出しに上限を設定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る