中国政府が国内消費奨励 日本から「爆買い」は消えるのか

公開日: 更新日:

 2015年の流行語大賞に選ばれた「爆買い」。中国人にもっと「爆買い」をしてもらうために、観光庁が小売店のバックアップに乗り出す。来年度から外国人の“買い物データ”を集め、売れ筋を小売店に伝えていくという。

 2015年の訪日旅行者の消費額は3兆円を超す勢い。なかでも中国人の買い方は凄まじく、観光庁によると、1人当たり旅行支出は28万5000円と、他国の17万7000円を10万円も上回る。炊飯器や化粧品、サプリメントなどを求めて店に大挙して押し寄せる姿は日常化している。

 しかし、日本政府の期待通り、2016年も「爆買い」がつづくのか、不安視されている。中国政府が“国内消費”を奨励しはじめているからだ。2016年1月からは、中国人が日本国内での買い物によく利用する「銀聯カード」による外貨引き出しに上限を設定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る