日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイナス金利でバカ売れ 「家庭用金庫」驚異のハイテク

「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないが、日銀のマイナス金利政策で脚光を浴びているのが家庭用の金庫だ。「社団法人日本防犯学校」学長の梅本正行氏が言う。

「十数年前、銀行破綻やペイオフが話題になったころに匹敵するほど、金庫の注文が増えています。今後、預金しても手数料を取られるのではないか。だったら家にお金を保管しようという人が殺到しているのです」

 業務用としては指紋認証機能付きの金庫があるが、ウン十万円するので簡単に手が出ない。そこで注目されているのが泥棒の目をごまかすアイデアグッズだ。

 そのひとつが「あんしんボックス」(1万260円=写真①②)。クロゼットに掛けた洋服と一体化してパイプに通し、泥棒に発見されるのを防ぐ仕組み。

「100万円の束なら5、6個入ります。カギを開けないと吊り金具は外れないし、吊り金具はペンチでは切れないので泥棒は諦めるはずです」(発売元の「オプナス」広報担当・樽本翔氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事