熊本城崩落…九州初の「震度7」 9人死亡、負傷者1000人超

公開日: 更新日:

余震頻発…6強も

 熊本県益城町で最大震度7を観測した地震による被害は、時間を追うごとに深刻さを増している。

 防衛省や熊本県などによると、これまでに20~90代の男女9人の死亡が確認された。警察庁によると、倒壊家屋の下敷きになった犠牲者は8人で、残る1人は自宅内で転倒して亡くなった。死因を明らかにした4人のうち、窒息死が3人、外傷性ショック死が1人だった。

 県内のケガ人は1000人を超え、うち53人が重傷。県内5カ所の主要病院だけで負傷者計約390人を受け入れた。厚労省によると、御船町の希望ケ丘病院でライフラインの途絶や倒壊の恐れにより、入院患者177人が近隣の高校への一時避難を実施している。県内500カ所の避難所に一時、計約4万4400人が身を寄せた。

■政府は自衛隊員1700人を投入

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る