セブン&アイ新体制で注目 モノ言う株主が狙う“次の一手”

公開日:  更新日:

 セブン&アイHDは19日に取締役会を開き、新体制を固めた。子会社セブン―イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏(58)がHD社長に昇格し、鈴木敏文会長兼CEO(83)と村田紀敏社長兼COO(72)は退任する。また新設の副社長に、鈴木体制を支えた後藤克弘取締役(62)が昇格。5月下旬の株主総会後に正式発足する。

 鈴木会長は名誉顧問で調整中と伝わったが、社外取締役などの承認が得られず先送りされた。

「これまで漏れてきた人事情報通りに決まったし、驚きはなかった。ただ、本当の正念場はこれからでしょう。今回のお家騒動で話題に上った大株主がどう出てくるか。モノ言う株主で知られる米サード・ポイントは、井阪社長を支持する書簡を送っています。その通りにコトは運びましたが、サード・ポイントは不振の続くイトーヨーカ堂の切り離しを主張しています。5月下旬の株主総会に向け、アレコレと注文を付けてくる予感がします」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る