• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セブン&アイ新体制で注目 モノ言う株主が狙う“次の一手”

 セブン&アイHDは19日に取締役会を開き、新体制を固めた。子会社セブン―イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏(58)がHD社長に昇格し、鈴木敏文会長兼CEO(83)と村田紀敏社長兼COO(72)は退任する。また新設の副社長に、鈴木体制を支えた後藤克弘取締役(62)が昇格。5月下旬の株主総会後に正式発足する。

 鈴木会長は名誉顧問で調整中と伝わったが、社外取締役などの承認が得られず先送りされた。

「これまで漏れてきた人事情報通りに決まったし、驚きはなかった。ただ、本当の正念場はこれからでしょう。今回のお家騒動で話題に上った大株主がどう出てくるか。モノ言う株主で知られる米サード・ポイントは、井阪社長を支持する書簡を送っています。その通りにコトは運びましたが、サード・ポイントは不振の続くイトーヨーカ堂の切り離しを主張しています。5月下旬の株主総会に向け、アレコレと注文を付けてくる予感がします」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る