JKビジネス規制強化の“副作用” 条例化で地下に潜る恐れも

公開日: 更新日:

 いよいよ首都・東京でもJKビジネスに本格的なメスが入りそうだ。

 25日、警視庁の有識者懇談会はJKビジネスの規制強化の報告書を取りまとめた。現在、JKビジネスは風営法の規制対象外で行政の立ち入り権限はない。警視庁は今後、条例化などの検討に入る。

 懇談会が法規制が必要と指摘した営業形態は次の通りだ。▼添い寝やハグ、マッサージなどのリフレ▼客との散歩、観光案内▼制服や水着、コスプレ姿でのポーズの見学、撮影▼客と会話やゲームをするコミュ▼設備で客に飲食させるカフェ――。

 要するにJKビジネスはほぼすべて網羅されており、条例化されたら、女子高生ができる接客バイトはコンビニ、ファミレスぐらいになりそうだ。

 問題は、規制強化でJKビジネスが一掃されるのかどうか。犯罪ジャーナリストの田代篤氏はこうみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る