• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JKビジネス規制強化の“副作用” 条例化で地下に潜る恐れも

 いよいよ首都・東京でもJKビジネスに本格的なメスが入りそうだ。

 25日、警視庁の有識者懇談会はJKビジネスの規制強化の報告書を取りまとめた。現在、JKビジネスは風営法の規制対象外で行政の立ち入り権限はない。警視庁は今後、条例化などの検討に入る。

 懇談会が法規制が必要と指摘した営業形態は次の通りだ。▼添い寝やハグ、マッサージなどのリフレ▼客との散歩、観光案内▼制服や水着、コスプレ姿でのポーズの見学、撮影▼客と会話やゲームをするコミュ▼設備で客に飲食させるカフェ――。

 要するにJKビジネスはほぼすべて網羅されており、条例化されたら、女子高生ができる接客バイトはコンビニ、ファミレスぐらいになりそうだ。

 問題は、規制強化でJKビジネスが一掃されるのかどうか。犯罪ジャーナリストの田代篤氏はこうみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る