JKビジネス規制強化の“副作用” 条例化で地下に潜る恐れも

公開日:  更新日:

 いよいよ首都・東京でもJKビジネスに本格的なメスが入りそうだ。

 25日、警視庁の有識者懇談会はJKビジネスの規制強化の報告書を取りまとめた。現在、JKビジネスは風営法の規制対象外で行政の立ち入り権限はない。警視庁は今後、条例化などの検討に入る。

 懇談会が法規制が必要と指摘した営業形態は次の通りだ。▼添い寝やハグ、マッサージなどのリフレ▼客との散歩、観光案内▼制服や水着、コスプレ姿でのポーズの見学、撮影▼客と会話やゲームをするコミュ▼設備で客に飲食させるカフェ――。

 要するにJKビジネスはほぼすべて網羅されており、条例化されたら、女子高生ができる接客バイトはコンビニ、ファミレスぐらいになりそうだ。

 問題は、規制強化でJKビジネスが一掃されるのかどうか。犯罪ジャーナリストの田代篤氏はこうみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る