• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

狭まる包囲網…自公も舛添都知事「不信任決議案」提出へ

 舛添都知事に対する包囲網が一気に狭まっている。

 14日午前、自民党都連は会合を開き、都選出の国会議員や都議会議員らが対応を協議。都議会自民党と公明党が不信任案を出すことも視野に調整を進めている。

 公明の山口那津男代表は「わが党は不信任決議案を出す方向で進めている。15日がひとつのヤマ場だ。自民党と足並みをそろえるよう、いろいろ交渉している」と話した。

 野党各会派は14日午後、議会運営委員会に不信任決議案を提出し、会期末の15日に審議される見通し。都議の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。議会の3分の2近くを占める自公が賛成に回れば、一巻の終わりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る