日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

狭まる包囲網…自公も舛添都知事「不信任決議案」提出へ

 舛添都知事に対する包囲網が一気に狭まっている。

 14日午前、自民党都連は会合を開き、都選出の国会議員や都議会議員らが対応を協議。都議会自民党と公明党が不信任案を出すことも視野に調整を進めている。

 公明の山口那津男代表は「わが党は不信任決議案を出す方向で進めている。15日がひとつのヤマ場だ。自民党と足並みをそろえるよう、いろいろ交渉している」と話した。

 野党各会派は14日午後、議会運営委員会に不信任決議案を提出し、会期末の15日に審議される見通し。都議の3分の2以上が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。議会の3分の2近くを占める自公が賛成に回れば、一巻の終わりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事