• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バングラは世界のアパレル工場 衣料品価格にも重大影響か

 7人の日本人が死亡したバングラデシュの飲食店襲撃テロは、240社(今年2月時点)に上る現地の日系企業を震え上がらせ、当然、日本の消費者にとっても“対岸の火事”じゃない。

 バングラでは昨年10月に日本人男性が銃撃、殺害された事件があったばかりだ。

「もちろん各社とも現地社員の安全対策には配慮してきましたが、今後テロが頻発する事態になれば、対策コストがかさんでいきます。価格に転嫁せざるを得なくなるケースも出てくるでしょう」(商社関係者)

 直撃を受けるのが、アパレル業界だ。ビジネスシャツはもっぱらユニクロなどのファストファッションというオトーサンは、穏やかではいられない。繊維はバングラの輸出の約8割を占める基幹産業で、先進国向けの衣料の供給では、トルコ、ベトナムを抜いて今や世界第2位だ。

「1位の中国の人件費が高騰し、その5分の1で済むバングラは“世界のアパレル工場”になっています」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る