• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バングラは世界のアパレル工場 衣料品価格にも重大影響か

 7人の日本人が死亡したバングラデシュの飲食店襲撃テロは、240社(今年2月時点)に上る現地の日系企業を震え上がらせ、当然、日本の消費者にとっても“対岸の火事”じゃない。

 バングラでは昨年10月に日本人男性が銃撃、殺害された事件があったばかりだ。

「もちろん各社とも現地社員の安全対策には配慮してきましたが、今後テロが頻発する事態になれば、対策コストがかさんでいきます。価格に転嫁せざるを得なくなるケースも出てくるでしょう」(商社関係者)

 直撃を受けるのが、アパレル業界だ。ビジネスシャツはもっぱらユニクロなどのファストファッションというオトーサンは、穏やかではいられない。繊維はバングラの輸出の約8割を占める基幹産業で、先進国向けの衣料の供給では、トルコ、ベトナムを抜いて今や世界第2位だ。

「1位の中国の人件費が高騰し、その5分の1で済むバングラは“世界のアパレル工場”になっています」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る