バングラは世界のアパレル工場 衣料品価格にも重大影響か

公開日:  更新日:

 7人の日本人が死亡したバングラデシュの飲食店襲撃テロは、240社(今年2月時点)に上る現地の日系企業を震え上がらせ、当然、日本の消費者にとっても“対岸の火事”じゃない。

 バングラでは昨年10月に日本人男性が銃撃、殺害された事件があったばかりだ。

「もちろん各社とも現地社員の安全対策には配慮してきましたが、今後テロが頻発する事態になれば、対策コストがかさんでいきます。価格に転嫁せざるを得なくなるケースも出てくるでしょう」(商社関係者)

 直撃を受けるのが、アパレル業界だ。ビジネスシャツはもっぱらユニクロなどのファストファッションというオトーサンは、穏やかではいられない。繊維はバングラの輸出の約8割を占める基幹産業で、先進国向けの衣料の供給では、トルコ、ベトナムを抜いて今や世界第2位だ。

「1位の中国の人件費が高騰し、その5分の1で済むバングラは“世界のアパレル工場”になっています」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る