バングラは世界のアパレル工場 衣料品価格にも重大影響か

公開日:  更新日:

 7人の日本人が死亡したバングラデシュの飲食店襲撃テロは、240社(今年2月時点)に上る現地の日系企業を震え上がらせ、当然、日本の消費者にとっても“対岸の火事”じゃない。

 バングラでは昨年10月に日本人男性が銃撃、殺害された事件があったばかりだ。

「もちろん各社とも現地社員の安全対策には配慮してきましたが、今後テロが頻発する事態になれば、対策コストがかさんでいきます。価格に転嫁せざるを得なくなるケースも出てくるでしょう」(商社関係者)

 直撃を受けるのが、アパレル業界だ。ビジネスシャツはもっぱらユニクロなどのファストファッションというオトーサンは、穏やかではいられない。繊維はバングラの輸出の約8割を占める基幹産業で、先進国向けの衣料の供給では、トルコ、ベトナムを抜いて今や世界第2位だ。

「1位の中国の人件費が高騰し、その5分の1で済むバングラは“世界のアパレル工場”になっています」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る