仏ニース“トラック突入”テロ 実行犯はチュニジア系男性か

公開日: 更新日:

 フランス南部のニースで14日午後10時30分(日本時間15日午前5時30分)ごろ、フランス革命を記念する祝日の花火を見物するため集まっていた数千人の群衆の中にトラックが猛スピードで突っ込み、カズヌーブ仏内相によると少なくとも80人が死亡し、100人以上が重軽傷を負った。うち18人が重体だという。

 実行犯は射殺され、トラックに残された身分証明書から、ニースに住むチュニジアとフランスの二重国籍を持つ男(31)とみられる。チュニジアは国教がイスラム教だ。

 オランド仏大統領は、15日未明、演説を行い、「フランスは過激派組織『イスラム国』との戦いの中にいる」と述べ、事件に「イスラム国」が関与している可能性を示唆した。また今月26日に解除する予定だった非常事態宣言を、さらに3カ月延長する方針を明らかにした。


 ツイッターなどのSNSには、犠牲となった人々が血まみれになって路上に累々と倒れ、人々が助けを求め逃げ回る阿鼻叫喚の状況を撮影した写真や動画が多数、投稿された。パリ検察当局は、テロ事件として捜査を始めた。マルセイユの日本領事館によると、15日正午現在(日本時間)、日本人が被害に遭ったという情報はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る