SEALDs解散会見「政治的にイエス、ノーを言うのは大変」

公開日: 更新日:

 安保関連法の廃止などを訴え続け、15日解散した学生グループ「SEALDs(シールズ)」のメンバー約20人が16日午前、国会内で記者会見した。

 メンバーらは「参院選では32の1人区全てで野党統一候補が決まり、これまで選挙に関わらなかった人がボランティアなどに積極的に参加した」と活動の意義を強調。今後も個人レベルで政治に携わる決意を口にした。

 シールズは2015年5月に結成。安保関連法は憲法違反で戦争につながるとして、首都圏の大学生らが中心になって活動を展開した。法案審議中は毎週金曜日に国会前でデモを開き、東北や関西、沖縄にも波及した。

 昨年9月の法成立後も活動を続け、今年7月の参院選や東京都知事選では、野党統一候補の応援演説に立つなど、リベラル勢力の結集を訴えてきた。中心メンバーだった奥田愛基さん(24)は「約1年半活動し、この社会で若者が政治的にイエス、ノーを言うことがこんなにも大変なのかと感じた」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る