SEALDs解散会見「政治的にイエス、ノーを言うのは大変」

公開日:  更新日:

 安保関連法の廃止などを訴え続け、15日解散した学生グループ「SEALDs(シールズ)」のメンバー約20人が16日午前、国会内で記者会見した。

 メンバーらは「参院選では32の1人区全てで野党統一候補が決まり、これまで選挙に関わらなかった人がボランティアなどに積極的に参加した」と活動の意義を強調。今後も個人レベルで政治に携わる決意を口にした。

 シールズは2015年5月に結成。安保関連法は憲法違反で戦争につながるとして、首都圏の大学生らが中心になって活動を展開した。法案審議中は毎週金曜日に国会前でデモを開き、東北や関西、沖縄にも波及した。

 昨年9月の法成立後も活動を続け、今年7月の参院選や東京都知事選では、野党統一候補の応援演説に立つなど、リベラル勢力の結集を訴えてきた。中心メンバーだった奥田愛基さん(24)は「約1年半活動し、この社会で若者が政治的にイエス、ノーを言うことがこんなにも大変なのかと感じた」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る