米大統領選第3回テレビ討論 ヒラリー有利の大勢変わらず

公開日: 更新日:

 最後の対決を経てもヒラリー有利の大勢は変わらずか――。米大統領選の第3回テレビ討論会は19日夜(日本時間20日)、ラスベガスのネバダ大学で行われた。共和党のドナルド・トランプと民主党のヒラリー・クリントンによる最後の直接対決は、1時間半にわたり「大統領としての適性」「政府の債務」など6つの議題で激論を交わした。

 直前の世論調査ではヒラリーが6.5ポイントリード。さらにリードを広げるか、トランプが巻き返すかに注目が集まった。

 討論では、中絶や銃所持の権利、移民問題など政策テーマに基づいた議論が交わされる一方、トランプが複数の女性の体を無理やりに触った疑惑やヒラリーの私用メール問題、「クリントン財団」への大口献金者に便宜を図った疑惑などを、お互い激しく攻撃した。しかし、隠し玉や新しい事実などは出ず、「現状維持」に終わった。

 直後のCNNテレビの世論調査によると、ヒラリー勝利の評価が52%、トランプが39%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る