• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トヨタとマツダ 異例の相互資本提携に踏み込んだワケは?

 トヨタ自動車(豊田章男社長)とマツダ(小飼雅道社長)は4日、都内で両社長が共同会見し、資本・業務提携を発表した。

 電気自動車(EV)など先進技術を共同開発するほか、16億ドル(1760億円)前後を投じて米国に完成車工場を建設し、2021年をめどに稼働させる。両者は15年に環境・安全技術で協業するなど業務提携をしてきたが、今回は相互に株式を持ち合う資本提携にまで踏み込んだ。トヨタはマツダに5.05%出資し、マツダはトヨタの発行済み株式の0.25%を取得するという。

 トヨタが出資を受けるのは異例のこと。会見で豊田社長は「(お互いの)自主独立性を尊重するためだ」と対等な立場を強調したが、経済ジャーナリストの井上学氏はこうみる。

「両社ともEVは出遅れていて、EVの共同開発はうまみがありません。現にEV関連で具体策は何ら示されませんでした。また、トヨタがマツダの後ろ盾になるだけなら、マツダからの出資を受ける必要はありません。相互出資は、トヨタの妥協の表れです。トヨタはハイブリッド車をさらにブラッシュアップするために、世界最高峰のクリーンディーゼルなどマツダ独自のスカイアクティブ技術がどうしても欲しかったのでしょう」

 まずは、目先の技術ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る