ケネディ暗殺の機密資料公開で分かった「陰謀」のにおい

公開日: 更新日:

 論争に、決着はつくのか――。26日に一部公開された1963年のケネディ暗殺事件に関する機密資料(JFK文書)。狙撃犯とされる元海兵隊員のリー・オズワルド容疑者や陰謀論について半世紀にわたり論争されてきたため、欧米メディアは文書の精査に必死だ。

 ケネディ暗殺を調べている米ジャーナリストのジェラルド・ポズナー氏は米CNNの取材に対し「決定的な証拠はなさそうだ。ただ、FBIとCIAがいかに隠蔽してきたかは分かるだろう」と語っている。

 事実、新たに公開された文書では、当時FBI長官だったジョン・フーバーの事件メモとCIAの行動記録が話題を呼んでいる。

 主に明らかになったのは、①FBIはオズワルドが逮捕後に殺害されることを事前に知ってダラス警察に警告したこと ②フーバー長官が陰謀論の広まりを恐れていたこと ③CIAの行動に関する証言記録の中でオズワルドがCIAに関与しているかどうかの質問が不自然に途切れていること ④暗殺事件の1カ月前にオズワルドとソビエトの諜報機関(KGB)がメキシコで接触した情報をFBIやCIAが知っていたこと――などである。

 解釈の仕方によっては、FBIやCIAがオズワルドをマークしながら泳がせていた節があるのだ。

「他国との安全保障上の理由」から未公開とされた一部の文書については、今後180日以内に機密保持と照らして公開を判断するという。全容解明はまだまだ遠いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  7. 7

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る