• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ケネディ暗殺の機密資料公開で分かった「陰謀」のにおい

 論争に、決着はつくのか――。26日に一部公開された1963年のケネディ暗殺事件に関する機密資料(JFK文書)。狙撃犯とされる元海兵隊員のリー・オズワルド容疑者や陰謀論について半世紀にわたり論争されてきたため、欧米メディアは文書の精査に必死だ。

 ケネディ暗殺を調べている米ジャーナリストのジェラルド・ポズナー氏は米CNNの取材に対し「決定的な証拠はなさそうだ。ただ、FBIとCIAがいかに隠蔽してきたかは分かるだろう」と語っている。

 事実、新たに公開された文書では、当時FBI長官だったジョン・フーバーの事件メモとCIAの行動記録が話題を呼んでいる。

 主に明らかになったのは、①FBIはオズワルドが逮捕後に殺害されることを事前に知ってダラス警察に警告したこと ②フーバー長官が陰謀論の広まりを恐れていたこと ③CIAの行動に関する証言記録の中でオズワルドがCIAに関与しているかどうかの質問が不自然に途切れていること ④暗殺事件の1カ月前にオズワルドとソビエトの諜報機関(KGB)がメキシコで接触した情報をFBIやCIAが知っていたこと――などである。

 解釈の仕方によっては、FBIやCIAがオズワルドをマークしながら泳がせていた節があるのだ。

「他国との安全保障上の理由」から未公開とされた一部の文書については、今後180日以内に機密保持と照らして公開を判断するという。全容解明はまだまだ遠いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る