• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エロスで株高? 日経連載「愉楽にて」に囁かれるジンクス

 11日、日経平均(終値)はバブル後最高値となる2万2938円で引けた。

「11月9日の取引時間中に、一時2万3000円の大台に乗せましたが、その後は一進一退の繰り返しでした。でも、11日は後場に入り、日銀がETF(上場投資信託)を購入しそうだとの観測で、株価は一気に上昇しました。流れが変わってきています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日銀の「買い」に加え、実はもう1つ、兜町で囁かれている株価押し上げ要因がある。

「日経新聞朝刊の連載小説が盛り上がってきたのです。かつて渡辺淳一の官能小説が連載されると、株価が上昇するというジンクスがありましたが、現在連載されている林真理子の『愉楽にて』が、ここへきてかなり色気が出てきたのです。株高とリンクしているという指摘も出ています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る