• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

個人消費はなぜ低迷? 賃上げ恫喝よりも消費税減税が先

実質賃金が減り続けているのに物価上昇と庶民に負担増を強いる安倍政権(C)日刊ゲンダイ

 1989(平成元)年4月の消費税導入から、もうすぐ30年目に突入する。間もなく平成は終わるが、庶民の苦しみをヨソに、消費税の歴史はまだまだ続く。

 消費税率の10%引き上げは来年10月の予定だ。教育無償化など使途の方針を打ち出し、安倍首相は「人づく…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事