• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選挙関連銘柄が高騰 株式市場も突き付けた“アベ政権崩壊”

 兜町も「森友文書の改ざん」に大揺れだ。

 日経平均は米株高の流れを受け、12日まで3日続伸と好調をキープした。

「株価が上昇したのだから、『文書書き換え問題』の影響は少ないと思いがちです。でも実は違います。見方を変えると、株式市場は安倍政権の崩壊を予感させる動きとなっています。選挙関連株が軒並み急騰しているのです」(市場関係者)

 選挙関連株の代表格で、「投票所入場整理券」の発送などに使う封筒を手掛けるイムラ封筒(東証2部)は、13日、一時10%高まで急騰。終値は前日比21円高(プラス3.9%)の560円だった。

 ネット選挙絡みで注目される「ツイッター」と関係の深いデジタルガレージ(東証1部)は130円高(プラス3.7%)、SNS監視サービスのイー・ガーディアン(東証1部)は85円高(プラス2.2%)、拡声器など選挙関連用品の貸し出しに強い西尾レントオール(東証1部)は90円高(プラス2.7%)で引けた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る