• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選挙関連銘柄が高騰 株式市場も突き付けた“アベ政権崩壊”

 兜町も「森友文書の改ざん」に大揺れだ。

 日経平均は米株高の流れを受け、12日まで3日続伸と好調をキープした。

「株価が上昇したのだから、『文書書き換え問題』の影響は少ないと思いがちです。でも実は違います。見方を変えると、株式市場は安倍政権の崩壊を予感させる動きとなっています。選挙関連株が軒並み急騰しているのです」(市場関係者)

 選挙関連株の代表格で、「投票所入場整理券」の発送などに使う封筒を手掛けるイムラ封筒(東証2部)は、13日、一時10%高まで急騰。終値は前日比21円高(プラス3.9%)の560円だった。

 ネット選挙絡みで注目される「ツイッター」と関係の深いデジタルガレージ(東証1部)は130円高(プラス3.7%)、SNS監視サービスのイー・ガーディアン(東証1部)は85円高(プラス2.2%)、拡声器など選挙関連用品の貸し出しに強い西尾レントオール(東証1部)は90円高(プラス2.7%)で引けた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る