• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選挙関連銘柄が高騰 株式市場も突き付けた“アベ政権崩壊”

 兜町も「森友文書の改ざん」に大揺れだ。

 日経平均は米株高の流れを受け、12日まで3日続伸と好調をキープした。

「株価が上昇したのだから、『文書書き換え問題』の影響は少ないと思いがちです。でも実は違います。見方を変えると、株式市場は安倍政権の崩壊を予感させる動きとなっています。選挙関連株が軒並み急騰しているのです」(市場関係者)

 選挙関連株の代表格で、「投票所入場整理券」の発送などに使う封筒を手掛けるイムラ封筒(東証2部)は、13日、一時10%高まで急騰。終値は前日比21円高(プラス3.9%)の560円だった。

 ネット選挙絡みで注目される「ツイッター」と関係の深いデジタルガレージ(東証1部)は130円高(プラス3.7%)、SNS監視サービスのイー・ガーディアン(東証1部)は85円高(プラス2.2%)、拡声器など選挙関連用品の貸し出しに強い西尾レントオール(東証1部)は90円高(プラス2.7%)で引けた(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る