窪田製薬HD・窪田良社長<3>新薬の期待で株価10倍になるが

公開日:

 窪田製薬ホールディングスは、マザーズに上場している創薬ベンチャー。前身であるアキュセラのCEOの座を追われた窪田良は、株主たちとタッグを組むことで、CEOに返り咲いた。

 加齢黄斑変性の特効薬になるかもしれない新薬候補「エミクススタト塩酸塩」の最終臨床試験となるフェーズ3が佳境を迎えており、今ここで退くことはできなかった。

 復帰後の窪田は、臨床試験に全力を注ぐ。新薬開発の可能性は3万分の1といわれるが、最終段階までくれば、その確率は〇か×かの2分の1。市場の大きさと治療薬が存在しないことが相まって、期待はどんどん膨らんだ。その象徴が株価だった。

 2015年暮れまでアキュセラの株価は700円台だった。ところが年が改まると株価は上昇を始める。6月には臨床試験の結果が出ること、さらにはポジティブな結果への期待が相まって5月25日には一時7700円をつけた。半年で10倍に高騰したことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る