窪田製薬HD・窪田良社長<3>新薬の期待で株価10倍になるが

公開日: 更新日:

 窪田製薬ホールディングスは、マザーズに上場している創薬ベンチャー。前身であるアキュセラのCEOの座を追われた窪田良は、株主たちとタッグを組むことで、CEOに返り咲いた。

 加齢黄斑変性の特効薬になるかもしれない新薬候補「エミクススタト塩酸塩」の最終臨床試験となるフェーズ3が佳境を迎えており、今ここで退くことはできなかった。

 復帰後の窪田は、臨床試験に全力を注ぐ。新薬開発の可能性は3万分の1といわれるが、最終段階までくれば、その確率は〇か×かの2分の1。市場の大きさと治療薬が存在しないことが相まって、期待はどんどん膨らんだ。その象徴が株価だった。

 2015年暮れまでアキュセラの株価は700円台だった。ところが年が改まると株価は上昇を始める。6月には臨床試験の結果が出ること、さらにはポジティブな結果への期待が相まって5月25日には一時7700円をつけた。半年で10倍に高騰したことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る