窪田製薬HD・窪田良社長<3>新薬の期待で株価10倍になるが

公開日:

 窪田製薬ホールディングスは、マザーズに上場している創薬ベンチャー。前身であるアキュセラのCEOの座を追われた窪田良は、株主たちとタッグを組むことで、CEOに返り咲いた。

 加齢黄斑変性の特効薬になるかもしれない新薬候補「エミクススタト塩酸塩」の最終臨床試験となるフェーズ3が佳境を迎えており、今ここで退くことはできなかった。

 復帰後の窪田は、臨床試験に全力を注ぐ。新薬開発の可能性は3万分の1といわれるが、最終段階までくれば、その確率は〇か×かの2分の1。市場の大きさと治療薬が存在しないことが相まって、期待はどんどん膨らんだ。その象徴が株価だった。

 2015年暮れまでアキュセラの株価は700円台だった。ところが年が改まると株価は上昇を始める。6月には臨床試験の結果が出ること、さらにはポジティブな結果への期待が相まって5月25日には一時7700円をつけた。半年で10倍に高騰したことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る