出光・昭和シェル ようやく経営統合でも残る「2つの不安」

公開日:

 出光興産と昭和シェル石油は10日、2019年4月の経営統合を正式発表した。

 両社が統合協議を開始したのは、3年前の15年7月。当初のスケジュールでは、17年4月に合併を実現させるはずだった。

 ところが、出光の創業家(約28%保有)が猛反発し、16年10月に統合は無期延期となっていた。

「流れが変わったのは今年に入ってからです。創業家の態度が軟化したと伝わっていました」(業界関係者)

 出光の月岡隆会長は会見で、「創業家が反対を表明して以来、迷惑、心配をかけたことをお詫びする」と話し、“創業家問題”は解決済みという認識を示した。

「本当に解決したのか疑問です。創業者の長男である出光昭介氏(90)はいまだに反対だといいます。ただ、昭介氏の長男の正和氏(49)と、彼が社長を務める出光家の資産管理会社『日章興産』が賛成を表明したことで、出光の経営陣は統合に必要な3分の2の株主の賛同を得られると判断したようです」(ジャーナリストの山田清志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る