Xevo中島聡会長が激白 「大画面テレビの時代は終わる」

公開日: 更新日:

 AI(人工知能)は企業の在り方を大きく変える可能性がある。サラリーマンの働き方も激変だ。インターネット革命を目の当たりにしてきた中島聡Xevo会長は、ウィンドウズ95の主任設計者としても知られる。20XX年にやってくる「AI革命」をどう見ているか。

 ――自動運転車の進展をはじめ、AIは社会全体に変化をもたらし始めています。サラリーマンの意識も変わらざるを得ないでしょうね。

中島 日本の大企業に勤める若者には不満を抱える人が増えてきています。自分のやりたいことができず、くすぶっている人も少なくない。そんな人は、会社に遠慮せず「僕はこれをつくりたい」と勝手にやってしまえばいいんですよ。

 ――自分でベンチャーを立ち上げるより、企業の中でやりたいことをやれと?

中島 ベンチャーを起こすことは賛成です。ただ、資金繰りなど苦労はたえません。その苦労を考えたら、まずは資金のある大企業の中で大暴れしてみることです。もし、そのせいでクビになったら、そこからベンチャーを始めればいいんではないでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る