• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<3>築地トップの荷受会社に就職

 書生生活をやめ、政治家を目指そうとした久野氏。自民党学生部にも入っていた。だが、猛反対する者が現れる。母親である。

「商人の家に生まれ育ったおふくろは大の政治家嫌い。あんな連中はろくでなしだというんです。おまえはちゃんと就職しなければダメだと」

 いとこの中に、大蔵省幹部がいた。そのいとこが次々に、就職先を持ってくるようになった。

「おふくろが頼んだんです。でも、紹介されるのは銀行や証券会社ばかり。私は大ざっぱな人間ですから、とても勤まらないと思った。とはいっても、おふくろを悲しませるのもイヤだったので、政治家への夢はいったん置いて、サラリーマンになることにしました。いずれにしろ、腰かけのつもりでしたが……」

 就職先として最後に紹介されたのが大都魚類という会社だった。水産物の委託販売を行う荷受会社で、当時、築地市場でトップの売り上げを誇っていた。とりあえず、母を安心させるために、同社に入社することにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る