塩水港製糖・久野修慈会長<3>築地トップの荷受会社に就職

公開日:

 書生生活をやめ、政治家を目指そうとした久野氏。自民党学生部にも入っていた。だが、猛反対する者が現れる。母親である。

「商人の家に生まれ育ったおふくろは大の政治家嫌い。あんな連中はろくでなしだというんです。おまえはちゃんと就職しなければダメだと」

 いとこの中に、大蔵省幹部がいた。そのいとこが次々に、就職先を持ってくるようになった。

「おふくろが頼んだんです。でも、紹介されるのは銀行や証券会社ばかり。私は大ざっぱな人間ですから、とても勤まらないと思った。とはいっても、おふくろを悲しませるのもイヤだったので、政治家への夢はいったん置いて、サラリーマンになることにしました。いずれにしろ、腰かけのつもりでしたが……」

 就職先として最後に紹介されたのが大都魚類という会社だった。水産物の委託販売を行う荷受会社で、当時、築地市場でトップの売り上げを誇っていた。とりあえず、母を安心させるために、同社に入社することにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る