• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<3>築地トップの荷受会社に就職

 書生生活をやめ、政治家を目指そうとした久野氏。自民党学生部にも入っていた。だが、猛反対する者が現れる。母親である。

「商人の家に生まれ育ったおふくろは大の政治家嫌い。あんな連中はろくでなしだというんです。おまえはちゃんと就職しなければダメだと」

 いとこの中に、大蔵省幹部がいた。そのいとこが次々に、就職先を持ってくるようになった。

「おふくろが頼んだんです。でも、紹介されるのは銀行や証券会社ばかり。私は大ざっぱな人間ですから、とても勤まらないと思った。とはいっても、おふくろを悲しませるのもイヤだったので、政治家への夢はいったん置いて、サラリーマンになることにしました。いずれにしろ、腰かけのつもりでしたが……」

 就職先として最後に紹介されたのが大都魚類という会社だった。水産物の委託販売を行う荷受会社で、当時、築地市場でトップの売り上げを誇っていた。とりあえず、母を安心させるために、同社に入社することにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る