有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

JAL倒産<下>稲盛和夫会長「日航は八百屋も経営できず」

公開日:

 国土交通相の前原誠司が日本航空(JAL)再生の切り札として白羽の矢を立てたのは、京セラ名誉会長の稲盛和夫だった。前原の選挙区は京都。京セラは京都を代表するハイテク企業のひとつだ。地縁もあって稲盛は長らく前原を支援してきた。

 前原は「文芸春秋」(2016年新年特別号)に「日本航空破綻 稲盛さんも呆れた無責任体質」を寄稿した。

〈(稲盛にJAL会長就任を2009年)10月から2度お願いしていたのですが、けんもほろろに断られていた。ただ、断りながらも日本航空の状況を聞いてこられ、興味が全くないわけでもなさそうでした。そして12月、メガバンクの頭取3人の合意を取り付け後に会いに行くと、「法的整理をするのならCEOを受ける」と仰ってくださった〉

“倒産”という最悪の事態になってもJALの意識は変わらなかった、と前原は言及した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る