• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

JAL倒産<下>稲盛和夫会長「日航は八百屋も経営できず」

 国土交通相の前原誠司が日本航空(JAL)再生の切り札として白羽の矢を立てたのは、京セラ名誉会長の稲盛和夫だった。前原の選挙区は京都。京セラは京都を代表するハイテク企業のひとつだ。地縁もあって稲盛は長らく前原を支援してきた。

 前原は「文芸春秋」(2016年新年特別号)に「日本航空破綻 稲盛さんも呆れた無責任体質」を寄稿した。

〈(稲盛にJAL会長就任を2009年)10月から2度お願いしていたのですが、けんもほろろに断られていた。ただ、断りながらも日本航空の状況を聞いてこられ、興味が全くないわけでもなさそうでした。そして12月、メガバンクの頭取3人の合意を取り付け後に会いに行くと、「法的整理をするのならCEOを受ける」と仰ってくださった〉

“倒産”という最悪の事態になってもJALの意識は変わらなかった、と前原は言及した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る