• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セキセイ西川雅夫会長<3>経営者として一番難しかった決断

 アルバムやファイルなどの文具を製造・販売する「セキセイ」の主力商品のひとつに、「シスボックス」がある。オフィスなどでよく使われているもので、書類や資料をボックスに投げ込むだけで簡単に整理ができてしまう商品だ。

 セキセイがこの商品を発売したのは1980年代半ばのこと。同様の商品は輸入品としては存在していたが、1個1600円と高かった。当時創業者の父の後を継いで社長に就任したばかりの西川雅夫は、この商品を自主開発することを決意する。ここでアイデアマンであり、かつ勝負師でもある西川が本領を発揮する。

「どうせ作るなら輸入品以上に見た目のいいものにしようと、600万円をかけて一流デザイナーにデザインしてもらった。成型のための型代にもほぼ同額が必要でした」

 大阪の中堅企業にとってはけっして小さくない負担である。そして、これをもとに原価計算すると、1個1200円という価格が最低ラインだった。これでも輸入品の4分の3の安さであり、それなりに売れたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る