溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組3派統合の前に 神戸と任侠の同盟などさまざまな動き

公開日:

 これには神戸の井上邦雄組長ばかりか、山健組の中田広志組長も反発、執行部会はデッドロックに乗り上げた。だが、かといって何も手を打たなければ、6代目と任侠の再統合が進んで、ますます神戸が沈んでしまう。

 他方、任侠としては織田絆誠代表の警護役、楠本勇浩組員を殺されたままで再統合はあり得ない。

 そのため神戸の良識派は、井上が楠本家に香典を持参し、楠本組員の霊前で合掌、深くわびを入れる。そうまでしても、任侠はまだ統合を受け入れにくいだろうから、とりあえず「同盟」を結ばないか、などと任侠に持ちかけているもようだ。同盟ならば、相手側の人事にとやかく口を挟む必要はない。

 しかし、仮に任侠が神戸と同盟を結んだ場合、6代目としては、分裂の本家本元である井上邦雄組長や入江禎副組長、正木年男総本部長らを抱えたままの神戸と同盟を結んでいる任侠は受け入れ難い、なんとか彼らを引退に追い込み、排除してくれないかと言い出すに決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る