• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組3派統合の前に 神戸と任侠の同盟などさまざまな動き

 これには神戸の井上邦雄組長ばかりか、山健組の中田広志組長も反発、執行部会はデッドロックに乗り上げた。だが、かといって何も手を打たなければ、6代目と任侠の再統合が進んで、ますます神戸が沈んでしまう。

 他方、任侠としては織田絆誠代表の警護役、楠本勇浩組員を殺されたままで再統合はあり得ない。

 そのため神戸の良識派は、井上が楠本家に香典を持参し、楠本組員の霊前で合掌、深くわびを入れる。そうまでしても、任侠はまだ統合を受け入れにくいだろうから、とりあえず「同盟」を結ばないか、などと任侠に持ちかけているもようだ。同盟ならば、相手側の人事にとやかく口を挟む必要はない。

 しかし、仮に任侠が神戸と同盟を結んだ場合、6代目としては、分裂の本家本元である井上邦雄組長や入江禎副組長、正木年男総本部長らを抱えたままの神戸と同盟を結んでいる任侠は受け入れ難い、なんとか彼らを引退に追い込み、排除してくれないかと言い出すに決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る