資金不足1225億円 新国立競技場が借金のカタに取られる日

公開日: 更新日:

 新国立競技場は順調に来年11月末の完成に近づいているが、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は火の車だ。会計検査院の調査で巨額“借金漬け”の実態が発覚した。

 今年4月、みずほ銀行を主幹事にシンジケートローンを契約、融資額は311億円に上る。12日の会見で、JSC新国立競技場設置本部長の今泉柔剛理事は「返済期限は2023年。金利は0.267%の固定性。返済資金はtotoの収益を充て、担保は未設定」と本紙の質問に答えたが、利子負担だけで1億円近い公金が消える見通しだ。なぜ、こんな事態となったのか。

 新国立の整備費1581億円のうち、国が半分(791億円)、都とJSCが4分の1(395億円)ずつ負担。JSCは運営するtotoの売上金の一部で賄う。

■時限措置が切れる五輪後が不安

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

もっと見る