資金不足1225億円 新国立競技場が借金のカタに取られる日

公開日:

 新国立競技場は順調に来年11月末の完成に近づいているが、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は火の車だ。会計検査院の調査で巨額“借金漬け”の実態が発覚した。

 今年4月、みずほ銀行を主幹事にシンジケートローンを契約、融資額は311億円に上る。12日の会見で、JSC新国立競技場設置本部長の今泉柔剛理事は「返済期限は2023年。金利は0.267%の固定性。返済資金はtotoの収益を充て、担保は未設定」と本紙の質問に答えたが、利子負担だけで1億円近い公金が消える見通しだ。なぜ、こんな事態となったのか。

 新国立の整備費1581億円のうち、国が半分(791億円)、都とJSCが4分の1(395億円)ずつ負担。JSCは運営するtotoの売上金の一部で賄う。

■時限措置が切れる五輪後が不安

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る