怪文書は予告していた…ゴーン被告弁護人“電撃交代”の裏側

公開日: 更新日:

 カルロス・ゴーン被告(64)の弁護人を務めていた大鶴基成弁護士ら2人の弁護人が13日、辞任届を提出した。理由は明らかにしていない。新しい弁護人には弘中惇一郎弁護士が就いた。

 なぜ、この時期に弁護人が代わったのか。

「大鶴氏は元東京地検特捜部長の“ヤメ検”です。一般的にヤメ検は、無罪を勝ち取るのではなく、執行猶予を狙うスタイルが多い。大鶴氏がそうなのかはわかりませんが、ゴーン被告の家族が『大鶴氏ではダメだ。いつまで経っても保釈されない』と解任を強く訴えていたという話も伝わっています。一方、弘中氏は、ロス疑惑や小沢一郎氏の陸山会事件で無罪を勝ち取るなど“無罪請負人”として知られています」(日産関係者)

 実は今年早々、弁護人解任を予告する怪文書がばらまかれている。

 怪文書は、ゴーン被告の大鶴氏に対する不満を代弁したものになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る