日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

公開日: 更新日:

 いくら令和初の国賓とはいえ、ここまでやる必要があるのか――と思うほど、トランプ大統領に対する安倍首相の接待は、あまりに異様な光景と言わざるを得なかった。

 26日の午前9時すぎ。青のジャケットと白のズボン姿で千葉・茂原市の「茂原カントリー倶楽部」に現れた安倍は直立してトランプを待ち、遅れて到着したヘリからトランプが出てくると、急いで駆け寄って握手。そしてゴルフカートのハンドルを自ら握って運転手を務め、トランプがパットを決めるたびに傍らでパチパチ拍手。そしてトランプが同行を希望したというプロゴルファーの青木功氏をゲストに招き、昼食はトランプの大好物というハンバーガー。まさに、これぞ“接待ゴルフの見本”という姿だった。

 その後、2人は都内の両国国技館に直行。土俵近くの升席にイスを設置し、SPや制服警察官ら100人を超える超厳戒態勢の中、トランプは現職大統領として初の大相撲観戦。取組後は、わざわざトランプが土俵に上がるための「特殊階段」まで作り、大統領杯を渡すパフォーマンスの場まで提供したのだから、前代未聞だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る