イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

公開日: 更新日:

 防衛省は説明資料で新屋演習場は津波の影響は受けないとしていた。ところが、13日の野党合同ヒアリングで西側の一部が浸水想定域に含まれ、津波対策が必要だと認めた。「秋田魁新報」「河北新報」(いずれも14日付)にそうした事実を報じられ、追認せざるを得ない状況に追い込まれたからだ。地元住民は憤りを隠さずにこう言った。

「津波の件は、新聞で初めて知り、驚きました。津波を理由に落とした候補地もあるようじゃないですか。角度データの一件もそうですが、もともと“新屋ありき”で進められているということなのでしょう。津波リスクを隠していたのは、計算ミスでは説明がつかない。意図的で悪質な隠蔽としか思えません。岩屋防衛相が17日に秋田県知事と秋田市長に謝罪するそうですが、とにかく配備計画を撤回してほしい」

 岩屋防衛相は14日の会見で「敷地造成(カサ上げ)の結果、レーダー施設は津波の影響を受けずに配置が可能」として新屋演習場への配備計画に変更はないと強調した。地元を無視して強行する構えなのだ。視察後、配備計画撤回を求める立憲の辻元清美国対委員長は「地元住民よりも、米国のためということではないか」と口にしていた。

 沖縄も辺野古移設問題で大揺れしている。国民の声を無視し、米国に追従するばかりの安倍政権には参院選で鉄槌を下すほかない。

(現地取材協力=ジャーナリスト・横田一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  6. 6

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  7. 7

    「中東に自衛隊派遣」わざわざ速報の不可思議とウラの狙い

  8. 8

    ワイドショーのラグビーW杯解説 秀逸なのはテレ朝の玉川徹

  9. 9

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  10. 10

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る