英語民間試験 全国5200高校「先が見通せない混乱」と悲鳴

公開日: 更新日:

 総スカンだ。センター試験に代わって2020年度から始まる大学入学共通テストの英語民間試験。全国の国公私立高校計約5200校で構成される全国高等学校長協会は25日、「先が見通せない混乱状態」として、不安を解消するよう文部科学省宛ての要望書を提出した。

 高校の現場からは実施見送りの声が高まっている中、「不安解消」の要望はやや“甘噛み”ではあるが、高校校長協会が文科省に異議を唱えるのは異例中の異例だ。

 英語民間試験をめぐっては、東大や東北大など複数の大学が必須から外したり、不参加を決めている。6月には大学関係者が利用中止を求める国会請願を提出。今月2日には、実施団体のひとつだった「TOEIC」が離脱を表明した。

 大学、実施団体に続いて、高校からの異論で、すべての当事者から「待った」がかかった格好だ。

 安倍首相は元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決の控訴を見送った。英語民間試験の実施についても、政治決断できないものか。受験生を愚策の実験台にしてはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る