過払い金返還めぐり法律事務所と弁護士会対立 公開審査へ

公開日: 更新日:

 大手法律事務所の弁護士法人ベリーベスト法律事務所(代表弁護士・酒井将氏)が東京弁護士会から懲戒請求を受けている。過払い金請求事件で司法書士事務所に1件あたり19万8000円の紹介料を支払っていたことが弁護士法27条違反等に当たるとするものだが、これは法曹界を揺るがす議論を呼びそうな内容を含んでいる。

 司法制度改革による規制緩和によって司法書士は簡易裁判所で扱える140万円以下の民事事件を受けられることになり、当時日本最大規模の司法書士法人である新宿事務所は、過払い金返還請求事件を数多く取り扱っていた。

 しかし140万円を超過する事件は代理できないため、新宿事務所は複数の弁護士事務所に事件を引き継いでいた。その一つがベリーベスト法律事務所だった。ベリーベストは当時、債務整理案件の取り扱いで業界最大規模だったことから、新宿事務所から引継ぎの依頼があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る