トランプ陣営が早くも法廷闘争開始 米大統領戦は泥沼確実

公開日: 更新日:

 米大統領選の投票日から一夜明け、トランプ陣営は早くも法廷闘争に打って出た。4日(現地時間)、激戦州の中西部ミシガンと東部ペンシルベニアで集計を停止する訴訟を起こした。

 中西部ウィスコンシンでは「正当性に深刻な疑念が生じた」として、再集計も求める考え。同州では得票率の差が1%以下の場合、再集計を申請できる。開票率98%時点での両候補の差は0・6ポイントとなっている。

 米メディアは、前回トランプが勝利し、今回も注目が集まっていたミシガンとウィスコンシンで、民主党のバイデン前副大統領が勝利を確実にしたと報じたが、トランプは徹底抗戦の構え。バイデンはアリゾナでも勝利。南部ジョージアとノースカロライナ、西部ネバダで接戦が続いているが、集計でトランプが敗北した場合、選挙が泥沼化するのは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る