保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

永田鉄山刺殺事件 相沢三郎の日本刀で永田は“即死”だった

公開日: 更新日:
閑院宮参謀長官の使いとして恩賜の果物を携え、上海爆弾事件負傷者の見舞いに向かう陸軍参謀本部第2部長の永田鉄山少将=1932年5月3日、東京駅(日本電報通信社撮影)

 昭和陸軍はある時期から平衡感覚を失ってしまった。昭和3年の張作霖爆殺事件を契機として、テロと陰謀をもって自己の主張を通す組織となっていった。そういう状態で日中戦争、そして太平洋戦争に入っていったことになるのだが、一度バランスを保つことができなくなった組織は、際限なく自滅的な行動…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る