• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

胸中複雑…NPBと楽天が日本シリーズ「第7戦」熱望の皮算用

 激戦の第5戦を制し、日本シリーズ優勝に王手をかけた楽天。第6戦で先発する田中将大(25)が勝てば球団初となる悲願の日本一を成し遂げる。星野監督やナインは「マー君の投げる第6戦で日本一を決める」と心に誓っているはずだ。

 その一方で、シリーズの行方を複雑な思いで見つめているのがNPB(日本野球機構)と楽天の営業担当者だろう。

 シリーズを主催するNPBは、第4戦まではかかった経費しか手元には入らない。「第1戦から第4戦までの4試合の入場料収入から共通の経費を控除した額」を日本シリーズに出場した選手に分配しなければならないからだ。

 NPBが儲けを得るためには、第5戦からの入場料収入が必要になる。第7戦までもつれた方がカネになる。楽天の本拠地・Kスタ宮城の収容人員は2万5000人程度。約4万5000人の東京ドームに比べ約2万人も少ない。マー君にすんなり勝たれて第6戦で終わってもらっては困るというのが本音なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る