胸中複雑…NPBと楽天が日本シリーズ「第7戦」熱望の皮算用

公開日: 更新日:

 激戦の第5戦を制し、日本シリーズ優勝に王手をかけた楽天。第6戦で先発する田中将大(25)が勝てば球団初となる悲願の日本一を成し遂げる。星野監督やナインは「マー君の投げる第6戦で日本一を決める」と心に誓っているはずだ。

 その一方で、シリーズの行方を複雑な思いで見つめているのがNPB(日本野球機構)と楽天の営業担当者だろう。

 シリーズを主催するNPBは、第4戦まではかかった経費しか手元には入らない。「第1戦から第4戦までの4試合の入場料収入から共通の経費を控除した額」を日本シリーズに出場した選手に分配しなければならないからだ。

 NPBが儲けを得るためには、第5戦からの入場料収入が必要になる。第7戦までもつれた方がカネになる。楽天の本拠地・Kスタ宮城の収容人員は2万5000人程度。約4万5000人の東京ドームに比べ約2万人も少ない。マー君にすんなり勝たれて第6戦で終わってもらっては困るというのが本音なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る