胸中複雑…NPBと楽天が日本シリーズ「第7戦」熱望の皮算用

公開日: 更新日:

 激戦の第5戦を制し、日本シリーズ優勝に王手をかけた楽天。第6戦で先発する田中将大(25)が勝てば球団初となる悲願の日本一を成し遂げる。星野監督やナインは「マー君の投げる第6戦で日本一を決める」と心に誓っているはずだ。

 その一方で、シリーズの行方を複雑な思いで見つめているのがNPB(日本野球機構)と楽天の営業担当者だろう。

 シリーズを主催するNPBは、第4戦まではかかった経費しか手元には入らない。「第1戦から第4戦までの4試合の入場料収入から共通の経費を控除した額」を日本シリーズに出場した選手に分配しなければならないからだ。

 NPBが儲けを得るためには、第5戦からの入場料収入が必要になる。第7戦までもつれた方がカネになる。楽天の本拠地・Kスタ宮城の収容人員は2万5000人程度。約4万5000人の東京ドームに比べ約2万人も少ない。マー君にすんなり勝たれて第6戦で終わってもらっては困るというのが本音なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る