胸中複雑…NPBと楽天が日本シリーズ「第7戦」熱望の皮算用

公開日: 更新日:

 激戦の第5戦を制し、日本シリーズ優勝に王手をかけた楽天。第6戦で先発する田中将大(25)が勝てば球団初となる悲願の日本一を成し遂げる。星野監督やナインは「マー君の投げる第6戦で日本一を決める」と心に誓っているはずだ。

 その一方で、シリーズの行方を複雑な思いで見つめているのがNPB(日本野球機構)と楽天の営業担当者だろう。

 シリーズを主催するNPBは、第4戦まではかかった経費しか手元には入らない。「第1戦から第4戦までの4試合の入場料収入から共通の経費を控除した額」を日本シリーズに出場した選手に分配しなければならないからだ。

 NPBが儲けを得るためには、第5戦からの入場料収入が必要になる。第7戦までもつれた方がカネになる。楽天の本拠地・Kスタ宮城の収容人員は2万5000人程度。約4万5000人の東京ドームに比べ約2万人も少ない。マー君にすんなり勝たれて第6戦で終わってもらっては困るというのが本音なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る