• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋善正氏も称賛「ドラマ不足の球界を星野監督が盛り上げた」

 日本シリーズ第7戦、楽天・田中将大(25)の救援起用がちょっとした議論になった。

 田中は前日の第6戦に先発し160球を投げて完投。打線の援護に恵まれず黒星を喫し、対戦成績は3勝3敗。星野監督は最終戦、美馬―則本とつなぎ、九回は田中が巨人打線をきっちり抑えて楽天初の日本一を勝ち取った。

 今のプロ野球では160球の完投さえ珍しい。疲労が残り、筋肉の回復過程における登板など、スポーツ科学の専門家に言わせれば「危険な酷使」ということになるのだろう。

 あの場面、星野監督が何の話し合いもなく田中をマウンドに送り出したとすれば問題だろうが、おそらく第7戦の最後は「田中で締める」ということは両者間で合意していたはずだ。それなら、東北のファンを喜ばす最高の演出ではなかったか。

 私がプロ入りした昭和40年代前後は、エースの4連投なんて当たり前だった。それでも33年の日本シリーズには驚いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る