高橋善正氏も称賛「ドラマ不足の球界を星野監督が盛り上げた」

公開日: 更新日:

 日本シリーズ第7戦、楽天田中将大(25)の救援起用がちょっとした議論になった。

 田中は前日の第6戦に先発し160球を投げて完投。打線の援護に恵まれず黒星を喫し、対戦成績は3勝3敗。星野監督は最終戦、美馬―則本とつなぎ、九回は田中が巨人打線をきっちり抑えて楽天初の日本一を勝ち取った。

 今のプロ野球では160球の完投さえ珍しい。疲労が残り、筋肉の回復過程における登板など、スポーツ科学の専門家に言わせれば「危険な酷使」ということになるのだろう。

 あの場面、星野監督が何の話し合いもなく田中をマウンドに送り出したとすれば問題だろうが、おそらく第7戦の最後は「田中で締める」ということは両者間で合意していたはずだ。それなら、東北のファンを喜ばす最高の演出ではなかったか。

 私がプロ入りした昭和40年代前後は、エースの4連投なんて当たり前だった。それでも33年の日本シリーズには驚いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る