高橋善正氏も称賛「ドラマ不足の球界を星野監督が盛り上げた」

公開日:  更新日:

 日本シリーズ第7戦、楽天・田中将大(25)の救援起用がちょっとした議論になった。

 田中は前日の第6戦に先発し160球を投げて完投。打線の援護に恵まれず黒星を喫し、対戦成績は3勝3敗。星野監督は最終戦、美馬―則本とつなぎ、九回は田中が巨人打線をきっちり抑えて楽天初の日本一を勝ち取った。

 今のプロ野球では160球の完投さえ珍しい。疲労が残り、筋肉の回復過程における登板など、スポーツ科学の専門家に言わせれば「危険な酷使」ということになるのだろう。

 あの場面、星野監督が何の話し合いもなく田中をマウンドに送り出したとすれば問題だろうが、おそらく第7戦の最後は「田中で締める」ということは両者間で合意していたはずだ。それなら、東北のファンを喜ばす最高の演出ではなかったか。

 私がプロ入りした昭和40年代前後は、エースの4連投なんて当たり前だった。それでも33年の日本シリーズには驚いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る