日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度は井川…補強失敗の阪神「困ったらオリックス」の理由

「またオリックスかいな……」

 阪神の周辺で、こんな苦笑い交じりの声が聞こえてくる。15日、オリックスの井川慶(34)について、「阪神が獲得交渉中」とスポーツ紙が報じた一件のことだ。

 成立すれば、06年以来8年ぶりの古巣復帰となる。井川は阪神時代の03年に20勝をマークするなど、通算86勝を挙げ、06年オフに入札制度でヤンキースに移籍した。メジャーでは2勝にとどまり、昨季オリックスで日本球界復帰。しかし、2年間でたったの5勝しかできず、阪神時代にエースとして活躍した頃の面影はない。

 阪神が落ち目のこのロートル投手獲得に動くのは、今オフの補強戦略の失敗が影響している。久保がDeNAにFA移籍し、スタンリッジは退団。2人の先発投手が流出し、中日をFA宣言した中田賢はソフトバンクに奪われた。中村GMとしては何としても先発投手の穴埋めがしたいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事