今度は井川…補強失敗の阪神「困ったらオリックス」の理由

公開日: 更新日:

「またオリックスかいな……」

 阪神の周辺で、こんな苦笑い交じりの声が聞こえてくる。15日、オリックスの井川慶(34)について、「阪神が獲得交渉中」とスポーツ紙が報じた一件のことだ。

 成立すれば、06年以来8年ぶりの古巣復帰となる。井川は阪神時代の03年に20勝をマークするなど、通算86勝を挙げ、06年オフに入札制度でヤンキースに移籍した。メジャーでは2勝にとどまり、昨季オリックスで日本球界復帰。しかし、2年間でたったの5勝しかできず、阪神時代にエースとして活躍した頃の面影はない。

 阪神が落ち目のこのロートル投手獲得に動くのは、今オフの補強戦略の失敗が影響している。久保がDeNAにFA移籍し、スタンリッジは退団。2人の先発投手が流出し、中日をFA宣言した中田賢はソフトバンクに奪われた。中村GMとしては何としても先発投手の穴埋めがしたいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る