日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すでに猛練習開始? 沙羅が気になる「サラ」の回復具合

 女子ジャンプ高梨沙羅(17)の最大のライバルといわれるサラ・ヘンドリクソン(19=アメリカ)は、昨年8月の練習中に右ヒザ前十字靭帯を負傷。同月末の手術は成功したものの、競技再開のメドは立っていないため、周囲からは「ソチ五輪出場は難しいんじゃないか」といわれていた。

 ところが本人は、周囲の不安をよそに準備万端だという。ヘンドリクソンの母国・米国のスキー関係者が、「本人はぶっつけ本番でソチに出場するだけでなく、高梨から金メダルを奪取するつもりでいる」というのだ。

 AP通信でも12月末の特集記事内で「ソチ五輪出場は私の夢。絶対に出たいし、そのための練習も積んでいる」と話していた本人。強気の裏には何があるのか。

■“秘策”を徹底練習

 前出の関係者がヘンドリクソンの“秘策”を明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事