中日スコアラーが評価 巨人ドラ1捕手・小林のキャンプ4日間

公開日: 更新日:

 ゴジラフィーバーに沸く巨人キャンプで、ドラフト1位の小林誠司(24=日本生命)はひっそり練習に打ち込んでいる。

 今年で35歳になる「ポスト阿部」の有力候補。4日のシートノックでは強肩を披露し、ブルペンでは広陵高の先輩・西村の投球を受けた。が、臨時コーチを務める松井秀喜(39)の陰に隠れ、ドラ1ルーキーの注目度、露出度は例年に比べ、かなり少ない。

■ゴジラフィーバーに隠れてちっとも伝わってこない

 一体、どんな捕手なのか。阿部に勝てるのか。まだ第1クールをやっただけだが、初日から視察しているライバル中日の加藤光教スコアラーはこう見ている。

「肩は強い。バント処理などのフットワークも俊敏で一軍レベル。捕球も柔らかいし、守備に自信を持っているというのはうなずけます。打つ方はまだフリー打撃だけなので、実戦でプロの投手の球威や変化球のキレにどれだけ対応できるかを見ていきたい。スイング自体はまだまだこれからという感じですが、フリー打撃でスタンドに運んでいたので少し驚きました。総合的にいい選手ですが、阿部さんを超えないと試合に出られないわけですから、どれだけ打てるかだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る