“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」

公開日: 更新日:

 まさに真央サマサマだが、スケ連はJOCを通じて「選手強化事業費」として今年度だけで約1億3000万円の税金を受け取っている。現金をたんまり持っているのだから、「血税に頼るな」と言いたくもなるが、スケ連はまだまだ稼ぎ足りないらしい。

■「引退」エサに最後のひと稼ぎ

「スケ連は昨年末の全日本選手権を大会史上初めて、さいたまスーパーアリーナで行った。収容人数は約1万8000席の“大箱”で、過去の会場と比較すると、11年末のなみはやドーム(約6000席)の3倍です。浅田真央や安藤美姫、高橋大輔ら黄金時代を築いた人気選手が今季限りで引退を表明。彼女たちにとってラストの選手権で、スケ連は最後のひと儲けを狙ったわけです。そのもくろみ通り、この大会で数億円の収益を挙げました」(フィギュア関係者)

 膨れ上がった資産の使い道について、スケ連の担当者は「今後、理事会などで決めていく」と言葉少なだった。過去にはトップが背任で逮捕されたこともある。あまりカネを持ちすぎない方がいいと思うのは杞憂だろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る